「関内伊勢佐木整骨院」で痛みや不調を根本改善

最近、手をパーの形に開けると手の平の親指側が痛いと言うことでお声を頂きました。ぶつけたり、引っかけたりはしていないのに、痛みがありこれは良くなるものですか??と不安になられていましたので、今の状態を確認させていただいた所 親指の筋肉の柔軟性と腕(肘から手首にかけてのところ)の筋肉の柔軟性も少なく、指の細かい動きや、パーをした時に母指球(手のひら側の親指の付け根)が上手く伸びずに痛みが出ている状態でした。

このまま痛みのある状態で手を使い続けて何か物を持つ時や握る時、親指を動かす動作で痛みが強く出たり、酷くなると指に痺れが出てきたりと良くなる事は少ないと考えます。この状態としては、腕や指の使い過ぎで筋肉のバランスが崩れ、何気ない動作で親指の付け根の筋肉に痛みが走ったと考えるので 指を動かす筋肉がついている腕から手首、指の筋肉のバランスを良くしていけるように 当院では指を使って体の奥にある筋肉を施術していきます。そうすることにより、血液の循環も良くなり自己回復力も出てきやすくなってきたり、痛みも良くなりやすいです。

また、手に関しては肩甲骨や首の骨の歪みなどが出ている場合 本来背骨で支えられている頭の重さ(スイカ1個分くらい)が背骨で支えられなくなると 首や肩、腕周りも筋肉に負担という形で表れてきやすいです。

当院では、筋肉の施術だけでなく、B&M背骨歪み整体という世界大賞を頂いた背骨に対しての施術を首、背中、腰と行っていきます。首の歪みやそのことからの筋肉の負担は肩、腕を通って親指の筋肉などにも負担がかかりやすいことから今回のケースも、B&M背骨歪み整体を行っていきました。

その結果、首の負担が少なくなったことから 肩や腕の力が少し抜けるようになられたことも実感して頂きました。

日常生活などでの痛みでお困りの方はお気軽にご相談下さいヽ(^o^)丿

「関内伊勢佐木整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP