「関内伊勢佐木整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。6月に入り梅雨の時期がやってきました。この時期は天候や気候の変化でお身体の調子が良くない方が多いです。しっかりメンテナンスを行って少しでもいい状態を維持していけるようにしましょう。

本日は脊柱起立筋と身体への負担についてお話していきます。脊柱起立筋とは胸最長筋、胸棘筋、胸腸肋筋、腰腸肋筋などの筋肉の総称した呼び名になります。背部にあり背骨の際についている長く大きな筋肉で主に体幹を後ろに反らす働きをしています。脊柱起立筋は日常生活での使用頻度も高いため持久力が求められる筋肉なのです。あらゆるスポーツの動きに関与して上半身を安定させる働きをしています。それだけではなく日常生活でも姿勢保持やかがんだ姿勢から状態を起こす動作にも大きく関わるのです。普段からよく使う筋肉なので緊張もしやすいですし、その分柔軟性のあるいい状態に保っておきたい筋肉になります。腰から首まで繋がっている筋肉なので緊張してしまうと背骨をゆがめてしまいます。その結果姿勢が悪くなってしまうのです。

当院では筋肉と背骨の歪みを整える施術を行っております。背骨を整えたり筋肉にアプローチして血流をよくすることでお身体への負担を軽減させることができます。お身体でお困りの方は是非お試しください。

「関内伊勢佐木整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP